ドラマ「コード・ブルー」名取颯馬(なとりそうま)役で出演してる有岡大貴さんが「涙」??

なんで泣いた?有岡大貴!!

その泣いたシーンって何シーズン?何話?

気になったので調べちゃいました!

今回はドラマ『コード・ブルー』3rdseasonからレギュラー出演している有岡大貴さんについて注目していきましょう♪

有岡大貴 プロフィール

ジャニーズ事務所のアイドルグループ『Hey! Say! JUMP』のメンバーである有岡大貴さんは1991年4月15日千葉県出身です。

幼少期は北海道に住んでいたこともあるみたいですね。

芸能活動をしていた5歳上の兄に続いて1999年にジュネス企画という芸能事務所に所属し芸能界入りしました。



その後、2003年にオーディションを経てジャニーズ事務所に入所します。

もともと香取慎吾さんに憧れていたこともあり母親が履歴書を送ったそうですね。

翌2004年にジャニーズJr.内のユニット・J.J.Express加入し人気を得ていきました。



そして2007年には4月に期間限定ユニット・Hey! Say! 7として11月にHey! Say! JUMPとして、それぞれ「Hey! Say!」と「Ultra Music Power」でCDデビューを果たします。

ドラマデビューは前事務所にいた9歳の時で2000年放送の「リミット もしも、わが子が…」でした。

他にも2001年のスーパー戦隊シリーズ「百獣戦隊ガオレンジャー」などにも出演しています。

まだあどけない有岡大貴さんが見られる貴重な一作ですね♪

ジャニーズ入所後ではHey! Say! JUMPの中島裕翔さん、山田涼介さん、知念侑李さんと共演したことでも話題になった2008年「スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜」での入江杉蔵役や金田一少年の事件簿シリーズで主人公が所属するミステリー研究部の後輩・佐木竜二役が有名ですね♪

コードブルー 有岡大貴 役柄は?

有岡大貴さんは2017年放送の3rdseasonから名取颯馬(なとりそうま)役で出演しています。

名取は名取総合病院の院長兼経営者の一人息子で、えいりん大学医学部を卒業後に父親の命を受け仕方なく翔北救命にフライトドクター候補生としてやってきました。

他の候補生たちより知識や実力はあるのに医師としての自覚がなく、処置中にあくびをしたり携帯をいじるなど医療にかける情熱が欠如している人物ですね。

コードブルー 有岡大貴が泣いたシーンは?

3rd season・8話での出来事です!!

成田空港の到着ロビーで40代男性が倒れショック状態であるとドクターヘリに出動要請が入ります。

有岡大貴さん演じるフェロードクターの名取颯馬はフライトドクターの緋山美帆子(戸田恵梨香)とフライトナースの雪村双葉(馬場ふみか)と共に現場に向かいました。

男性はエコノミークラス症候群の疑いがあった患者でしたがなぜか鼻血を出しています。

名取がラインを取ろう(点滴や輸血のための道を確保すること)と患者の腕に針を刺すとその刺激で急に患者が暴れ出しました。

突然の事に名取はその針を誤って緋山の指に刺してしまうのでした。



搬送後、患者は亡くなりますが、ジャーナリストで西アフリカ各国をまわり動物との接触もしていたことがわかりエボラ出血熱であった疑いが浮上します。

そしてそれは即ち緋山への感染疑いでもありました。

緋山はウイルス遺伝子検査の結果が出るまで隔離され“死ぬかもしれない”という恐怖にひとり怯えるのでした。



一方で針を刺してしまった名取は「患者が感染症にかかっていたのは俺のせいじゃない。」と言葉では平然を装っていましたが、表情からは押しつぶされそうなほどの不安が見て取れました。

それぞれの事情で眠れない夜を過ごした翌日、緋山の検査結果が届きます。

すべて“陰性-感染なし”でした。



謝ろうとする名取に緋山は「気にしなくていい。」と言葉をかけました。

「子供はよく怪我をするけど、その分治りも早い。それは、何度も怪我をすることで、痛みを知るためだって。それで、他人の痛みも理解できるようになる。だから、治る怪我ならたくさんした方がいいって。あんたは駆け出しの医者。そしてこれは、治る怪我。だから、気にしなくていい。」

と続けます。



緋山の優しさに触れた名取はこれまで抱えてきた不安が安心に変わったことで涙が次々と溢れ出します。

「緋山先生が死ななくてよかった……。」

号泣する名取が精一杯しぼり出した想いでした。

ある意味で名取も怪我をし、医師として成長した回でしたね。

ちなみに男性患者の死因は毒蛇に噛まれたからでした。

コードブルー有岡大貴が涙を流した ファンの反応は?

コードブルー 有岡大貴の演技は上手い?

有岡大貴さんに名取颯馬役をオファーした理由を

「名取は正直イヤなやつです。普通に演じてしまうときっと視聴者に嫌われてしまう。この役は、少年の無邪気さを残し、チャーミングな笑顔ができる役者でないと演じきれない。」

とプロデューサーが話すように、どこか嫌いになることができない名取を絶妙なバランスで演じていましたよね。

また先ほど紹介した号泣シーンでは子供のようなグシャグシャの泣き顔を見せてくれ、視聴者の心を打ちました。

普段の有岡大貴さんとは正反対のキャラクターなので難しい役どころであったかもしれませんが見事に名取颯馬という人物になりきっていましたね。

コードブルー 有岡大貴 まとめ

さて今回は有岡大貴さんを紹介しました。

女性ファンからしたら有岡大貴さんの目から涙を流すシーンはキュン♡としちゃいますね(笑)

だって可愛いよ。

そんな有岡大貴さんが泣くシーンがある3rd season・8話はFOD(フジテレビオンデマンド)で無料で視聴できるかも!?

配信期間があるからチェックしてみてね!

FOD公式サイトはコチラから


以上、「有岡大貴がコードブルーで涙を流し泣く!?役柄や気になるそのシーンとは?」をお届けしました!