今回もFOD(フジテレビオンデマンド)でコード・ブルー1stの4話をお得に視聴したので、感想やあらすじ、見どころなどを紹介していきますね!

その前に、もう4話まで見ればドラマ「コード・ブルー」がどんなドラマかご存知の方が多いいかなーと思いますが、

「コード・ブルー」とは何なん?と言う方も居ると思うので簡単に紹介します!

ドラマ『コード・ブルー』は、車の入れない状態の現場や、急を要する状態の患者の、人命救助を目的として使われる、ドクターヘリに乗る医師(フライトドクター)を目指す!!

メインキャストには藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)の四人の研修医達の葛藤や、患者の命を救おうと奮闘する人間味溢れる内容になってます!

このドラマは最初は『コード・ブルー』だけでしたが、続編が熱望され視聴率も高かったことから、まずスペシャルドラマから始まって、次に『コード・ブルー2ndシーズン』も制作され、2017年には『コード・ブルー3rdシーズン』も放送されました。そして2018年7月には映画も公開!!

ではでは〜コード・ブルー4話について行ってみましょう!!

コード・ブルー 4話を無料視聴するなら

私がコードブルーを視聴するのに使ってるサービスはFODプレミアムという動画配信サービスです。

FODを使い始めてから寝不足の日が続いてるけど、やっぱりドラマって先が気になるワケで、どうしても無理をしてでも観ちゃうよね〜

このFODを使う前は、YouTubeやPandora、デイリーモーションとかで観たい動画を検索してたけど、やっぱり著作権がる作品って基本削除さてて視聴出来ないし…

どかのサイトでは、Pandoraやデイリーモーションを使うとウィルスに感染する様な話もあったし、それだけは本当に勘弁!!

FODプレミアムは期間限定で、「Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り1ヶ月無料で使えるから、まだ利用したことがない人は一度お試しで登録してみては?

私はよくAmazonで買い物するからちょうど良かったんだけどね!

もしAmazonアカウントを持って無くても、簡単に手続き出来るから面倒ではないと思う。

良かったら登録してみてね!

FODプレミアムの会員になると、お得な特典が沢山あるからかなり充実した内容になってます!

特に私が気に入ってる特典は、

動画見放題

人気週刊誌が読み放題

毎月8の付く日に400ポイントをゲット!!毎月3回は8の付く日がくるから合計で1200ポイントGET!!

さらに会員特典で100ポイントももらえるから、ひと月でトータル1300ポイントも貰えるよ!!

ポイントでしか視聴できない動画もこのポイントを使えば6作品くらいは好きなドラマや映画が観れちゃうよ!

かなりお得に使えるのがFODプレミアム。

今なら1ヶ月無料お試しキャンペーンを実施中だから、この機会に是非試してみて!

↓↓FOD公式サイトはこちらから↓↓



※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用してFODプレミアムに加入すると、初回に限り1ヵ月間無料でFODプレミアムが楽しめます!

コード・ブルーシーズン1 4話あらすじ

藍沢は黒田先生に「今日はヘリ担当ですか?」と聞くと“退院係”に任命されてしまう。

黒田先生は「ベッドも空かなければ新しい患者も受け入れられない。向いてるだろう?キツイ事平気で言えるから。」と伝えました。

その頃、藤川は母と電話中で、患者からの投書で若い子から大人気だと嘘を付いたあと、自分の事が”態度が悪い”と書いてあるのを見つけ、くしゃくしゃにしてポケットに隠していました(笑)。

緋山は、自分は黒田先生に嫌われてるのかな、と落ち込んでいました。

そこに黒田先生から話があると言われ、いよいよヘリに乗せてもらえる!とはしゃぐ藤川がやって来て慰め、コーヒーをおごる。

でも緋山は「全然嬉しくないのはなぜ?!」と苛つく。



そんな時、心停止の老人が救急車で運びこまれ、藤川は、「ドクターヘリに乗る前の腕ならしだ!」と張り切ります。

その時ヘリの出動要請が入り、藤川は手袋を脱いで呼ばれるのを待っていましたが、黒田が除細動を施した時、患者の手がベッドから落ちてしまい、その手をつかんでしまいます。

藤川は感電し、気を失ってしまいました!



その頃、藤川の母は通りかかった藍沢に声をかけ、息子の様子を見にこっそり病院に来ている事を話します。

冴島は藤川の事を母親に伝えます。

すると母親は名札を見て、「いつも冴島に親切にしてもらっていると息子から聞いている」と言い、「患者さんからの差し入れも僕にだけこっそりくれるんだよ」って言ってるんです。と伝えます。

冴島と藤川は顔を見合わせて微妙な顔☆



入院中の藤川の部屋にヘリオペレーターの女性と梶さんがお見舞いに来ます。

女性は顔を見て泣きながら去って行き、梶さんは「森本から聞いた。無念だろうな。一度もヘリに乗らないでよ。俺に任しとけ!俺がヘリの上からパーッと撒いてやっから!」と意味深な発言をします。

藤川は「ちょっと梶さん!何まくの?!」と慌てます。



その後、森本先生がかまって欲しいから、みんなに嘘を言っていた事が判明します。

緋山は川底の石に頭を打った若い男性を搬送し、気管挿管をかって出ます。

男性は一命を取りとめますが、西条先生は緋山に「首から下は動かない。これからも。」と告げます。

家族はもう病院に来ていましたが、西条先生はオペがあったので緋山が伝える事に…。



それから緋山が患者の年齢を見ると、まだ21歳でした。

緋山はどう伝えたらいいか悩みます。

病室に行くとホッとした家族が和やかに話していました。

緋山が迷っていると母親が出て来てお礼を言われ、言いそびれてしまいます。

緋山はもう一度西条先生にどうにか出来ないか聞きます。

すると西条先生は「医者は神じゃない。できる事なんてたかが知れてる。世の中には理不尽だろうが何だろうが、受け入れるべきしか無い事もあるんだ。患者も、医者もな。」と伝えます。

三井先生からも「患者をきっちりと病に向き合わせるのも、医者の役目よ。」と言われます。

意を決して緋山は家族に真実を伝えに行くと、母親は泣き崩れます。そして緋山は、寝たきりになった患者をベッドのまま家族に引き渡し、深々と頭を下げて見送りました。

コード・ブルーシーズン1 4話ネタバレ



藤川のお母さんは病院の外で息子と長電話し過ぎて、熱中症で倒れてしまいます。

冴島が点滴を打ちに来ていたら、目を覚まします。

冴島が、「藤川先生はこんなにお母さんに愛されて幸せだ」というと、みんなそうだと言い、「あなた親御さんとは離れてるの?」と聞くとずっと離れていてもう一生会わないと思うと答えます。

そして「子供が好きじゃない親だっているんですよ。出来の悪い子供の顔なんて見たくないって親も。」と言うと「それは違う。それは、あなた間違ってる。そんな親はいません。」と伝えます。

お母さんは帰り際、「こんな事知られたらまた息子に怒られる」と言うと、今度は冴島が「母親に心配されて本気で怒る子供なんていません。」と返します。

お母さんは藤川に会うべきか迷いつつ藤川の病室に見に行くと、黒田先生が藤川に「向いていないから、ここを辞めて自分に合った病院に行ったほうがいい。」と言っているのを聞いてしまい、ショックを受けます。

お母さんは心配になり藤川のPHSに電話しました。

が、藤川は電話に出て「何度もかけてくんなババア!こっちは仕事で疲れてんだよ。もう二度とかけて来んな!」と電話を切ってしまいました。

藍沢が藤川のお母さんと話している時に「自慢の息子なんです」と言うと、

藍沢:「そうでしょうね。地方から東京の医学部に入るのは簡単じゃないですから。」

藤川のお母さん:「違います。医者になったから自慢なんじゃないんです。」

藤川のお母さん:「喘息があり体の弱い子だった。一年目の誕生日、なにが嬉しかったって、ここ迄生きて来れた事が…嬉しかったぁー。」

と思い出します。

そしてお母さんが「藍沢さんご両親は?」と聞くと、

藍沢:「いません。小さい時に離婚して、母に引き取られました。6歳の時に死にました。父も何年かして死んだそうです。祖母に育てられました。」

と淡々と答え、

藤川のお母さん:「ごめんなさい。変な事聞いちゃった…。」

と困った顔をします。



その頃、藤川のベットの隣に運ばれていた患者が実は、ミュンヒハウゼン症候群だということに気づいた黒田先生と白石、冴島。

自分に関心を引き寄せるために虚偽の話をしたり病気を装ったりする病気です。

ベッド裏に隠してある薬が見つかるが「知りませんよ」と言い張ります。

そのとき、寝てる間に知らずに薬を飲んでしまうこともある、といって患者に助け舟を出したのは藤川でした。

復帰した藤川に部長は、追いつめられるとエスカレートする場合もあるミュンヒハウゼン症候群の患者に、藤川の一言がきっかけで偽りの病を認めさせた、と藤川を褒めました。

藤川は、白石と緋山が自分の郷里のお菓子を食べていることに気づきます。



その頃藍沢は、しょんぼり帰っていく藤川のお母さんを見かけ、自分が任されたオペを藤川に「お前がやれ。お前ができないといつまでも俺がやらされるんだよ。」と譲り、向かいで教えてあげました。

藤川がナースステーションに戻ってくると、看護師たちが投書箱に藤川宛てで、女子高生からのラブレターが入っていたと冷やかしてきました。

「藤川先生はとてもいい先生だと思います。フライトドクターになればいいのになと思います」と母の字で書かれてあり、藤川は笑いながら「だれですかねぇ?こんなの」と言いながら大泣きします。

コード・ブルーシーズン1 4話見どころ



今回、藤川のお母さんの一言で冴島と藍沢の複雑な家庭環境が垣間見られました。

まっすぐ育ったお母さんは、親はみんな子供を可愛がるのが当然で、皆両親が揃っていると思い、本人にとってはあまり触れられたくない話を二人に振ってしまいました。

信じたくない事だけど、現実にも子供より自分を大事にする親は存在するのです。

そして家族の急死も、昨日まで元気でも、本当に突然起こり得る事です。

両方共私の身近な人で居ました。

過去に冴島と藍沢と家族に何があったのかもこれから気になる所です。

コード・ブルーシーズン1 4話感想

緋山はまだ若い患者に、二度と手足が動かない事を決心して伝えましたが、辛い現実を受け入れるのは時間のかかる事ですよね。

医師は助けられないという現実、患者は助からないと言う現実を受け入れなければなりません。緋山はよく勇気を出して伝えたと思います。

そして藤川は、冴えない気分の人の気持ちに寄り添うのがホントに上手!

どちらかと言うと自分もそっち側にいる事の方が多いからこそ、人の痛みが分かるんだと思います。そしてお母さんの粋な計らい!

息子にはバレバレの達筆な字で女子高生のフリをして、とってもカワイイお母さんだと思いました。

私もあんなお母さんが欲しい!てゆうかあんなお母さんになりたい!と思いました。もうオバサンだし。

コード・ブルーシーズン1 4話まとめ

今回は“母の愛”がテーマでした。

物語の中で藤川のお母さんは、生まれつき喘息で体が弱かったから、これまで生きていてくれた事が、それだけで嬉しくて自慢の息子と言っていました。

その後「医者でも何でもいいんです。あの子が元気で頑張ってたら。」と続けます。

人の為に無償の愛を捧げる事がどんだけ出来るでしょうか?

これを機に、藍沢も心を動かされ、仲間への思いやりに目覚めたのではないでしょうか♪

なんていい話でしょうか!

そんな”母の愛”をテーマにしたコード・ブルー・4話はFODプレミアムで視聴出来ます!

今なら1ヶ月無料お試しキャンペーンを実施中だから、この機会に是非試してみて!

↓↓FOD公式サイトはこちらから↓↓



※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用してFODプレミアムに加入すると、初回に限り1ヵ月間無料でFODプレミアムが楽しめます!